ANAカード作成で+2,000マイル獲得する方法!

ANAVISAワイドゴールドカードがおすすめ!メリット・デメリット解説

ANAVISAワイドゴールドカードのメリット・デメリットとは?
「マイル獲得」「年会費」「ステイタス」「使いやすさ」バランスの取れたオールインワンカード!

ANAが発行しているクレジットカードは3つのグレードがあり、一般カードとゴールドカード、プレミアムカードに別れます。

ANAVISAワイドゴールドカードの最大の特徴は、10種類以上あるANAカードの中でも最もマイルとコストバランスが良いカードとして注目されています。

マイル還元率

マイル還元率は最大1.648%と抜群に高く、このカード最大のメリットと言えるでしょう!

クレジットカードの多くは基本的に還元率が1%となっています。

しかし、ANAVISAワイドゴールドカードは条件をクリアすることが出来れば最大で1.648%まで還元率を上げることが可能です。

【関連記事】マイル高還元ルートを解説! ANAVISAワイドゴールドカードのマイル還元率は?高還元のLINEルート解説

年会費・入会特典

年会費・割引特典など

本会員になると年会費は14,000円(税抜)で、家族会員は4,000円かかります。

年会費の割引特典を利用すると合計で4,500円(税抜)の値引きを利用することが出来ます。

<年会費割引特典>

「ご利用代金WEB明細書サービス」の利用:本会員−1,000円、家族会員なし
「マイ・ペイすリボ」の利用:本会員−3,500円、家族会員−1,500円

特にWEB明細書サービスは自宅へ送られる明細書を廃止し、スマートフォンやパソコンを利用して明細確認が出来るサービスなので手軽に利用できます。

また、マイ・ペイすリボはショッピング一回払い利用分が自動的にリボ払いになる支払い方法ですが、支払額を調整することで手数料を最低限に抑えつつ、ボーナスポイントを獲得する方法があります。

【関連記事】マイ・ペイすリボでボーナスポイント2倍 マイ・ペイすリボでボーナスポイント2倍!【ANAVISAワイドゴールド】

入会時・毎年のカード継続特典

カードの入会とカード継続時にボーナスマイルのプレゼントがあります。

対象カード ご入会時ボーナスマイル 毎年のカード継続時
ボーナスマイル
ワイドゴールドカード +2,000マイル +2,000マイル

ワイドゴールドカードは入会で2,000マイル、毎年の継続でも2,000マイルと大量のマイルがもらえます。

ステイタス性

クレジットカードに詳しい人からするとゴールドカードにステイタス性を感じる人は少ないでしょう。

ゴールドの券面

しかし、一般の人には金色の券面は誰の目にも分かりやすく「おっ?ゴールドカードじゃん!」と言われることがありました。(実際に反応されたことがしばしばある)

シャープな印象の金色はいやらしくなく、高級感がある券面は個人的に好みです。

真のステイタスを求めるのであれば、ANAプレミアムカードを選ぶのが吉です。

実用の部分では、ゴールドカードと一般カードの違いはマイルの還元率だけではなく、様々な各種サービスが利用できる点も注目されています。

まずゴールドカードは海外保険が手厚いことや、空港を利用した際にカードラウンジが無料で利用することが出来ます。他にもANAビジネスクラスカウンターが利用できるなど、付随サービスが非常に豊富になっているので、一般カードに比べて得られるメリットがかなり多いと感じる方も増えてきています。

使いやすさ

いつでも、どこでも使えるため、使い勝手は抜群です!

使いやすさ3つの理由
①「Visa」のため利用する場所を選ばないこと
②税金等の支払いでも還元率が落ちないこと
③年会費が低い&マイルが高還元率なこと

①「Visaは利用する場所を選ばない」

クレジットカードが使える店でVisaが使えない店ってほとんど見たことがありません。(※コストコはMasterCardのみ使用可能ですね)

Visaのホームページでは全世界200以上の国と地域で使えるとのこと。

「日本国内はもちろん全世界200以上の国と地域のVisaマークのあるお店で。」

かつて、ステイタスへの憧れからダイナースクラブカードを利用していたことがあります。審査に通過して喜んだいたのもつかの間、実際に使ってみると使えない店の多いことに気付かされました!

ICが壊れてると言われる、ダイナースは使えないと言われる等々困るケースが多々ありました。(ダイナースの名誉のために言うと、実際はICチップ壊れてないし、JCBと提携している店なら使えるハズなんですが…)

その点Visaは使えない店を探すほうが難しいレベルで浸透してます。安心します。こういうのは他の不便さを知らないと気づかないものです。

②「税金等の支払いでも還元率が落ちない」

ふるさと納税をはじめ、住んでいる市区町村によっては自動車税や固定資産税、不動産取得税などもクレジットカードで支払いを行うことが出来ます。

税金の支払い金額は結構な金額になることが多いため、積極的にサービスを利用することで、ポイントの大量獲得が期待できるため魅力的ですよね。

また、アメリカン・エキスプレスとダイナースなどは、都税や国税のカード払いに対する還元率は0.5%と半減してしまうため、そこと比較して還元率が下がる心配がない部分は嬉しいですね。

③「年会費が低い&マイルが高還元率」

・割引特典を適用すると年会費は9,500円
マイルの還元率は1.648%

この年会費でこれだけのマイル還元率はこのカードだけ!

電子マネー「iD」「楽天Edy」搭載

電子マネーは「iD」「楽天Edy」を搭載。

iDの場合かざすだけで使えるため、カードを出さずに済むのでコンビニなど少額の決済にも気にせず使いやすいですよね。
iPhone 7以降やApple Watch Series 2以降の端末であれば、設定してすぐに「iD」マークのある店で簡単に利用が可能です。

楽天Edyはチャージタイプ(プリペイド型)の決済方法です。
注意点として「Edyチャージ」は、ワールドプレゼントのポイント積算対象とならないため、進んで使うことは無いと思いますが、補助的に使用してみてはどうでしょうか。

「Visaタッチ」にも対応

2019年2月発行時点でANAVISAワイドゴールドは非接触決済の「Visaタッチ」に対応しています。

右上の電波マーク?が目印です。iDやQUICPayのように、レジにあるリーダーにかざすだけで、サインも暗証番号も不要でスピーディーに支払いが完了します。

Visaはタッチ決済の拡大に力を入れており、海外ではロンドンやミラノ等の交通機関でも利用可能だそうです。
日本ではマクドナルド、ローソン、ツタヤ、表参道ヒルズなども利用可能です。

各種保険サービス

ゴールドカードのため保険もしっかりと付いており安心できます。

海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険はカード利用の有無に関わらず自動付帯です。利用条件がないのは助かりますね。

担保項目 保険金額
傷害 死亡・後遺障害 最高5,000万円
治療費用 150万円 1事故の限度額
疾病 治療費用 150万円 1疾病の限度額
賠償責任 3,000万円 1事故の限度額
携行品損害 50万円 1旅行中かつ1年間の限度額
救援者費用 100万円 1年間の限度額

海外旅行傷害保険・家族特約

しかも、ANAゴールドカード会員以外の家族にも保険が適用される「家族特約」が付帯されています。

担保項目 保険金額
死亡・後遺障害 ①死亡の場合 最高1,000万円
②後遺障害の場合 程度により30〜1,000万円
傷害治療費用 50万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 50万円(1疾病の限度額)
賠償責任 1,000万円(1事故の限度額)
携行品損害 15万円(1旅行中かつ1年間の限度額)
救援者費用 50万円(1年間の限度額)

国内旅行傷害保険

国内旅行傷害保険もカード利用の有無に関わらず自動付帯です。こちらは家族特約はなく、本会員・家族会員のみが対象です。

担保項目 公共交通乗用具(航空機、電車、船舶、バス、タクシー等)搭乗中傷害事故
宿泊火災傷害事故
募集型企画旅行参加中傷害事故
補償内容 保険金額
死亡・後遺障害保険 最高5,000万円 事故日から180日以内の死亡・後遺障害
入院保険金日額 5,000円 事故日から8日目以降、入院・通院の場合、1日目から
通院保険金日額 2,000円
手術保険金 最高20万円(5万、10万、20万) 180日以内の通院かつ90日限度

他にも、「国内航空便遅延保険」「国内航空傷害保険」などゴールドカードならではの、旅行に関係した保険が多く付帯しています。

安心の緊急連絡サービス

急なトラブル(事故・カード紛失等)の際も緊急アシスタンス・サービスやオートコレクトコールなどでサポートを受けることができます。

日本語緊急援助サービス

海外旅行中に不慮のケガや病気等で緊急事態の場合、三井住友海上の緊急アシスタンスサービス(年中無休、24時間、日本語受付、無料)を利用することが可能です。

サービス内容
・ケガや病気の場合の緊急アシスタンス
・ケガや病気により亡くなられた場合の緊急アシスタンス
・その他、救援者の渡航・宿泊手続き、遭難時の捜索・救助
・法律上のアシスタンス(弁護士の紹介・手配等)

※サービスの費用は海外旅行傷害保険で補償される金額までは保険金から精算されます。超える金額や補償の対象外部分は自己負担あり

<緊急アシスタンス・サービス連絡先>(2018年10月版より抜粋)

滞在地 電話番号
アメリカ本土・アラスカ・ハワイ・グァム・サイパン 1−877−300−3931
カナダ 1−877−791−2147
ブラジル 0800−892−3138
メキシコ 001−800−514−6615
中国(北部) 4001−202697または10800−813−2784
中国(南部) 4001−202697または10800−481−2967
香港 800−905−123
台湾 00801−814653
韓国 00798−817−1701
シンガポール 800−810−2355
インド 000−800−1007−806
インドネシア 001−803−00811−303
タイ 001−800−814−5145
フィリピン 1−800−1−816−0280
マレーシア 1−800−81−5069
オーストラリア 1−800−096−539
ニュージーランド 0800−880−301
イギリス 0808−234−3799
イタリア 800−789644
オーストリア 0800−296−202
オランダ 0800−022−8267
ギリシャ 00−800−161−2206−6596
スイス 0800−83−8151
スペイン 900−9−581−72
ドイツ 0800−1812395
フランス 0800−918−494
南アフリカ 0−800−983−172
ロシア 810−800−2056−4081
上記以外の地域または無料電話が利用できない場合 81−18−888−9998(コレクトコールでかける)

※保険サービス変更等で電話番号に変更等ある場合があります。お電話の際は最新の情報を事前に確認し、お電話してください。当ブログでは責任を取れませんのでご了承ください。

カード紛失・盗難時の連絡先

カードの紛失・盗難も怖いですよね。

気づいた時点ですみやかにデスクに連絡し、最寄りの警察にお届けしてください。

国内でカード紛失・盗難に気づいた場合

カード紛失・盗難受付デスク(24時間・年中無休) 0120−919−456または06−6445−3530

海外でカード紛失・盗難に気づいた場合

すぐにオートコレクトコールで下記連絡先に電話してください。

国・地域 オートコレクトコール番号
アイルランド 00−800−12121212
イギリス
イタリア
オーストリア
オランダ
スイス
スウェーデン
スペイン
デンマーク
ドイツ
ノルウェー
フランス
ベルギー
ポルトガル
ニュージーランド
マレーシア
台湾
中国
韓国 001−800−12121212
香港
シンガポール
タイ
アメリカ、ハワイ 1−800−635−0108
カナダ 1−800−663−3378
グァム 1−888−281−7787
サイパン 1−866−666−5120
ギリシャ 00−800−8113−0002
フィンランド 990−800−12121212
オーストラリア 1−800−125−683
インドネシア 001−803−81−2058
上記以外の場合 81−6627−4067(コレクトコールでかける)

※保険サービス変更等で電話番号に変更等ある場合があります。お電話の際は最新の情報を事前に確認し、お電話してください。当ブログでは責任を取れませんのでご了承ください。

デメリット

数多くのメリットがあるカードですが、デメリットの部分も挙げられます。

デメリット
①年会費が年間9,500円は高額だという方もいること
②そもそも飛行機に乗る機会がないという方は不要なこと

年会費が気になる人はグレードを落としてANA一般カードを作ることも検討の余地ありです。

一般カードの場合、年会費は税別で2,000円と非常に利用しやすくなっていますが、マイル還元率は0.5%と低くなってしまう点に注意。一般カードの還元率を1%にアップさせるために、10マイルコースを申し込む方法もありますが、このコースを利用する場合手数料として年間6,000円の追加費用がかかってしまうので、トータルでも8,000円と高額になるデメリットがあります。

ゴールドカードとの差は1,500円しかないため、還元率の高さからもゴールドカードを選ぶ方が良いでしょう。

また、最初から飛行機に乗らないという方も、マイルを貯めて旅行に行くのを目標にしてみるのはどうでしょうか?

私は普段は飛行機に乗りませんが、貯めたマイルで海外旅行へ行くのを目標にカードを利用しています

ANAVISAワイドゴールドカードが気になる人は「マイ友プログラム」からカード作成すると+2,000マイル獲得が可能ですので、関連記事もチェックしてみてください!

ANAカードのマイ友プログラムとは?登録だけでお得にマイルをゲット!

以上、ANAVISAワイドゴールドカードがおすすめ!メリット・デメリット解説という話題でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA