ANAカード作成で+2,000マイル獲得する方法!

ANAVISAワイドゴールドカードのマイル還元率は?高還元のLINEルート解説

ANA VISAワイドゴールドカードはマイル還元率が1.648%!
陸マイラー必須のカード!

ANAVISAワイドゴールドカードのマイル還元率は?

一般的にカードの還元率は1%であることが多いですよね(100円=1ポイントなど)?

ですが、ANA VISAワイドゴールドカードは最大還元率が1.648%です。

ただ、実際には交換ルートや利用上限によって変わる為、最低1%から最高1.648%の間の還元率です。
つまり、10万円の決済をした場合、最大で1,648マイル獲得できるということになります。

高い還元率が非常に人気の陸マイラーにおすすめのクレジットカードです。

Q.最大のマイル還元率を受ける条件は?

最大マイル獲得のための3つの条件
①マイ・ペイすリボで手数料を発生させてボーナスポイントを獲得する
②カードを300万円以上使って次年度(2年目以降)のポイント優遇ステージを「V3」にする
③三井住友カードのボーナスポイントはポイントサイト経由で交換する

通常使用で入手できるマイルだけだと1%還元なのですが、マイ・ペイすリボのテクニックを使うと最大の恩恵を受けることができるのです。

①「マイ・ペイすリボ」で手数料を発生させてポイント2倍

三井住友カードのリボ払いシステムである「マイ・ペイすリボ」の利用で1円でも手数料を発生させることで通常ポイントと同等のボーナスポイントをもらうことができる仕組み。

リボ払いと聞くと手数料をたくさん取られるようなイメージがあり、怖く感じる方もいますよね。ですが、この「マイ・ペイすリボ」をうまく利用すれば年会費も割引になり、さらにボーナスポイントを付与してもらうことができます。

毎月1回、支払金額確定の後にリボ払い残高が多少なりとも残るように支払額を調整し、手数料を1円以上発生させてポイントを二重取りします。※全額は支払いせずに、一部の金額(少額)だけリボ払いにして手数料を発生させる

【関連記事】マイ・ペイすリボでボーナスポイント2倍! マイ・ペイすリボでボーナスポイント2倍!【ANAVISAワイドゴールド】

②カードを300万円以上使って次年度(2年目以降)のポイント優遇ステージを「V3」にする

これは前年度の支払額によるステージ制度を利用する方法です。

年間のカード利用額に応じてボーナスポイントが付与される制度があり、2年目以降にボーナスポイントが手に入ります。

◎ステージの判断期間は2月〜翌1月の1年間。前年実績をもとに今年のステージが設定される。

 

◎ステージ設定は3つ

ステージ判定額
V3:累計金額300万円以上
V2:累計金額100万円以上〜300万円未満
V1:累計金額50万円以上〜100万円未満

V3で月平均25万円、V2で月平均8.4万円、V1で月平均4.2万円程度のカード利用が必要です。現実的にはV2あたりに落ち着く人が多いかもしれませんね。

V3会員ならば50万円到達時で300ボーナスポイント、以降10万円ごとに60ボーナスポイントが入手できます。積極的にカード利用してステージV3を目指しましょう!

③ボーナスポイントはポイントサイト経由(LINEルート)で交換する

ボーナスポイントはVpassからそのままマイル交換してはいけません!

ポイントサイトを経由して最終的にANAマイルに交換することで高還元率を実現します。

注意
三井住友のVpassから交換すると100P=300マイルにしかなりません
ここからは交換しないこと!

◎最新の高還元ルートはLINEルート

2018年3月末をもって、高還元率を誇っていたソラチカルートが閉鎖となり、現在も有効なのがLINEルートと呼ばれる交換ルートです。

簡単に言うと各種ポイントサイトを経由して交換すると高いポイント率でマイルに交換できるというもの。

<LINEルート図解>

※三井住友ワールドプレゼントポイント100Pが最終的に405ANAマイルになる例です(実際には、交換に必要な最低ポイント数や手数料が発生する場合があるため、交換のイメージ図ととらえてください。)

①ワールドプレゼントのボーナスポイント→②Gポイント(ポイントサイト)※→③LINEポイント→④メトロポイント(ソラチカカード)→⑤ANAマイル
※GポイントからLINEポイントに交換する際に5%の手数料が発生しますが、サービス利用で還元される制度があります。

合計4回の交換が必要なルートです。手間がかかりますが、損をしないために頑張りましょう!

また、「Gポイント」ではなく「ポイントタウン」を経由するルートが紹介されていますが、三井住友ワールドプレゼントからの交換は現在サービス休止中(2019年3月31日現在)のためGポイントを利用しましょう。結果は同じです。

◎獲得マイル数のイメージ

・ステージV3で10万円利用時の獲得マイル数のイメージ

獲得区分 ポイント マイル
通常ポイント 100P 1,000
マイ・ペイすリボ(2倍) 100P 405
V3ステージ特典(前年300万円以上利用時) 60P 243
合計獲得マイル 1,648

10万円利用で1,648マイル獲得=マイル還元率1.648% !!

・ステージV2で10万円利用時の獲得マイル数のイメージ

獲得区分 ポイント マイル
通常ポイント 100P 1,000
マイ・ペイすリボ(2倍) 100P 405
V2ステージ特典(100万円以上300万円未満) 30P 121
合計獲得マイル 1,526

10万円利用で1,526マイル獲得=マイル還元率1.526% 

300万円以上利用のV3なんて無理だよ〜という、一般会社員でもこの還元率です。

これができるのが「ANA VISAワイドゴールドカード」の強みです!

Q.交換って面倒じゃない?

交換自体は全てインターネット上で行うことができるので、複数のポイントサイトを経由すること自体はそれほど面倒で難しいというわけではありません。多少の手間を惜しんで損をすることはやめておきましょう。

Q.どうせLINEルートも見直しされるんでしょ?

昔から陸マイラーは制度との戦いと言われています。

LINEルートの前は「ソラチカルート」と言われる還元率1.72%を誇るルートがありましたが改悪により閉鎖されています。今後も見直しが入ることは間違いないでしょう。

常にアンテナを高くして制度の隙間をついて得をしましょう!!

陸マイラー御用達のANA VISAワイドゴールドカード

ANAVISAワイドゴールドカードのマイル還元方法はいかがでしたでしょうか?

マイルを貯めるならマイル高還元率を誇る「ANA VISAワイドゴールドカード」がおすすめです。

「年会費」「マイル獲得」「使い勝手」のバランスの取れたオールインワンカードです!

【関連記事】カードのメリット・デメリット、お得な入会方法はコチラから ANAVISAワイドゴールドカードがおすすめ!メリット・デメリット解説 ANAカードのマイ友プログラムとは?登録だけでお得にマイルをゲット!

以上、ANAVISAワイドゴールドカードのマイル還元率は?高還元のLINEルート解説という話題でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA